自分の文章を消すのが怖い。文章削除恐怖症。

自分の文章を消すのが怖い

子供の頃から自分の文章を消すのが怖い。

立体物や絵、データは消すが平気なのに、文章だけはおそろしい。

何年も前に書いた、20文字くらいの文章でもなかなか消せない。

ノートの端の一言も数キロバイトのテキストデータも、失いたくない私のカケラ。

ダンボールいっぱいの書きかけノート。読み返しても意味がわからないのに捨てられない。

今こうやってブログ書きはじめてるけど、もし自分が病気になってサーバー代やドメイン代を払えなくなったらどうしようとか考える。想像すると怖くて眠れない。

私の文が消えるのは、自分が死ぬことと同じように怖い。

大切なモノというより、失いたくないモノ。

あぁ、どうしてこの世はかくも失いたくないもので溢れているのか。嫌だ嫌だ嫌だ。

今日も私は失いたくないものを産み出している。