Amazonの404はなぜポメラニアン?本国Amazon404との関係は?【理由】

Amazonの404はなぜポメラニアン?本国Amazon404との深い関係【理由】

先日のプライムデーで話題になったAmazonの404に出てくるポメラニアン。

なぜポメラニアンなの?1ヶ月近く経った今でも理由が気になって仕方ないので、自分なりに調べてみたところ意外な事実が発覚した。

404ポメラニアンとは?


Amazon.co.jpの404ページに表示されているポメラニアンのこと。

2017年7月10日にAmazon.jpで行われた「プライムデー」イベント。トップページにアクセスが集中してしまったため、一時404ページが表示された。

その404画面に表示されていたのが何故かポメラニアンだったため、プライムセールと共に「ポメラニアン」もトレンド入りを果たした。

雑な切り抜きもネットを騒がせる一因に。

ポメラニアンを見るには?

普段はびくともしないサイトなので、直接404ページにアクセスするのが良いだろう。

Amazon.co.jpの404ページ
https://www.amazon.co.jp/errors/404.html

ちなみに画像ファイル名は「grenade-small-white.jpg」
代替テキスト(alt属性)は「Looking for me?」

……なんだろう、やんちゃなコなのかな。

本国Amazon.comを調べてみた

Amazon.co.jpのサイトデザインは本国Amazon.comに則ったものである。もしかしたら、本国サイトに秘密があるのでは……?というわけで、本国サイトの404を表示させてみた。

本国サイトも犬だった!


コチラが本家の404ページ。
https://www.amazon.com/gp/errors/404.html

ナントこちらも犬だった!そう、日本の404ページは本国に則ったものだった。

本家の犬は高解像度で切り抜きもしっかりしている。

驚いたことに、この犬の画像はアクセスするたびにランダムに変わる。


どのコもかわいい。

本家404の犬の正体は「Amazonで“働く”犬」だった

表示されている文面をよく見ると「Meet the dogs of Amazon」の文字が。試しに画像をクリックしてみると……

404の犬画像をクリックすると「Meet the dogs of Amazon」というページに飛ぶ。

どうやら404ページに表示されていた彼らは、全米各地のAmazonで「働いている」犬たちらしい。

それぞれの写真名前と共に品種・好きな玩具・好きなもの・年齢が書いてある。かわいい。こんなかわいい犬たちと一緒に働けるって、羨ましい職場環境である。

各国Amazonの404ページは?

せっかくなので他の国の404ページも確認してみた。

下記6カ国の404ページを確認したところ、その殆どが日本で言う「何かお探しですか?」ページで、犬が表示されている国は一つもなかった。(ブラジルのみ商品画像が表示された)

https://www.amazon.co.uk/errors/404.html
https://www.amazon.ca/errors/404.html
https://www.amazon.cn/errors/404.html
https://www.amazon.com.au/errors/404.html
https://www.amazon.com.br/errors/404.html
https://www.amazon.nl/errors/404.html

日本の404が一番本家に近いと言える。

日本Amazonのポメラニアンももしかすると……?

日本Amazonの404ポメラニアンも、もしかしたらドコかのAmazonで、または社員の自宅で“働いている”犬なのかもしれない。