【メルカリ】こんな出品者は要注意。「ブロック」すべきユーザーの特徴11【判断基準】

【メルカリ】こんな出品者は要注意。「ブロック」すべきユーザーの特徴11【判断基準】

私は気軽にブロックする。多少売値が下がっても、トラブルに巻き込まれたくないからだ。廃品処理の為のメルカリなのに、何故精神的ストレスをもらうけねばならないのか。

今回は私のブロック判断基準を紹介する。

自分はどの辺まで許容できるのか考えながら、ブロックしていくと良いだろう。

出品者編

商品写真がネットの写真だけ

アパレル系に多い。業者の可能性が高く、その場合はそもそもそんなに安い値段ではない。業者でなかった場合でも、現品の写真を載せないのは「フェアではない」と考えるので、私はブロックしている。

着用例としてネットの写真を掲載し、現品の写真もしっかり掲載している人は逆に信頼できる。

検索ワードに関係ない文字を入れている

検索に引っかかるように関係ない文字列を入れ、検索妨害をしてくる出品者はブロック。

自分の利益のためだけに、他者の利便性を平気で損なうその精神が許せない。私はこのタイプが大嫌いなので、欲しいものがあっても絶対に買わない。

高額なのに普通・定形外郵便

お安くするため普通郵便を利用しています。郵便事故による保証はできません!><

購入者のことを考えない出品者。数百円で保証と追跡がつくのに利用しないその感覚が理解できない。ちなみに、保証は出品者側の義務なので郵便事故にあったのなら、必ずメルカリ事務局に連絡しよう。

出品物が著作権を侵害している

ハンドメイド系に多い。勝手にキャラクターを使ってオリジナルグッズ()を作り、売りさばいている。こういう作家()さんは善悪の感覚がおかしいので速攻でブロックしよう。

でもって、そういうものを購入している人もまた感覚がおかしい。こちらもブロック。

そういう作家()さんには「●●さんは悪いことしてないのにヒドイ!」「人を叩くのが楽しいだけ」とか、頭を抱えてしまうような擁護をするファン()がついているので、できればセットでブロックしたい。

同じ出品物がいくつもある

盗品の可能性が高い。出品物はドラッグストアで購入できる化粧品などが多く、組織的な窃盗団の場合も。

盗品であろうと安ければいい、窃盗団に個人情報をゲットされても良いという方はご自由に。

ちなみに関係会社に勤務する人間が大量の現品サンプルを売りさばいているパターンも有るが、いずれにせよ転売は禁止されているはずなので、出品者にモラルが無いのは変わりない。

購入者編

高額値引きをしてくる

「購入希望です。(-50%)でいかがでしょうか」

そういうのは世間では購入希望とは言わない。

そもそも私は「値引き一切不可」でしか出品しないので、この発言が出てくる事自体、理解できない。

値引きOKの人でも「限度」を設けておくと良いだろう。

商品説明に書いてあることを質問してくる

値引き不可・取り置き不可と書いてあるのに「お値引きしていただけませんか?」と書いてくる人も同様。丁寧な言葉づかいだからって、許されることではない。

3cm上に書いてある事が読めない人は、他の注意書きも読めておらず、後々文句を言われかねないのでブロック。

出品者・購入者共通

評価が悪い

「良い」評価が基本のメルカリで、いくつも「悪い」をゲットしている人は要注意だ。

全体の1%未満であれば、初期の知識不足・不注意だったり、困った人に絡まれただけの可能性が高いので、評価コメントを見て判断しよう。

理由なく人に低評価をつける

ストレス発散の為か知らないが、世の中には「八つ当たり的に低評価をつける人」がいる。

レベルとしては最悪なのに、困ったちゃんかどうかの見極めが非常に難しい。その人がどんな評価をしているかを調べる方法はこちらの記事を参考にして欲しい。

【メルカリ】その人、実は地雷かも「相手への評価をどうつけているか」を調べて、隠れ悪質出品者・購入者から身を守ろう!

プロフィールページが支離滅裂

低年齢だったり、病んでしまっている可能性が高いのでブロック。特に後者は関わり合いになってはいけない。

敵認定されてしまった日には、その対応が延々と続く。文字通りいつまでも続く。

そういう人は「てにおは」がおかしかったり、こんな、風に、読点が、異常に、多かったり!するので、注意!すること。

プロフィール欄のマイルールがやたら長い

購入前コメ必須!コメ無し購入時は発送しません!他でも出品しているので(略

メルカリのルールを明記(コメントより購入者が優先など)している分には問題ないが、独自のルールを押しつける人はブロック。

散々マイルールを課した挙句「マナーを守って気持ちのよいお取引を」なんて言われた日には、開いた口が塞がらない。

まぁ、内容によっては昔恐ろしいトラブルに巻き込まれたのかな、と若干同情する時もあるが、いずれにせよ面倒くさそうなのでブロックすることが多い。

まとめ:明日の自分のためにブロックを

メルカリは即購入OKなシステム。自分の出品物はいつ誰に買われるか選ぶことはできない。取引予定のない人、からみのない人をあらかじめブロックすることは、自分を守るすべなのだ。

電車の中でヤバそうな人がいたら車両を移動するように、困難は自分で能動的に回避し、快適な生活を守るべし。